アフィリエイトの知識

ペラサイトはオワコン!?初心者が見落としがちな7つの落とし穴

こんにちは〜
じゃがでん です!

アフィリエイトを始めようとして、調査を始めると・・・
必ず一度は耳にする「ペラサイト」。

ペラサイトとはどういったものなのでしょうか。

初心者はまずペラサイトから始めましょう!

ペラサイトはリスクが低いよ!

ペラサイトはシンプルで取り組みやすいよ!

このような甘い言葉!?がネット上では、ささやかれています。

行動力のある方は、すぐさまペラサイトを始めたい!と思うはずです。

しかしちょっとストップ!!

物事にはメリットとデメリットが必ず存在します。
まずはこれらをできるだけ把握した上で、自分に合っているのか
ひとまず考えてみてからでも遅くはありません。

今回はペラサイトの見落としがちなデメリット、そして
どんな人がペラサイトに向いているのか!?

について説明していくよ!

ペラサイトとは

ペラサイトとは、1ページだけで構成されたウェブサイトのことです。
アフィリエイト用語なので、つまり「1ページだけのアフィリエイトサイト」ということです。

または、広義には2~3ページのサイトもペラサイトと呼ぶことがあります。

ラムネ
わたし知ってるよ
いつまでもイソウロウして
働けるのに働かない人のことでしょ?
それパラサイトね
てかそれ
ラムネちゃんのことじゃねーか!
じゃがでん
ラムネ
ああ・・・わたしw
てことは今回はついに!
わたしがメインの話ってことね。きあい入れるよ~
いや違うよ~
パラサイトじゃなくて
ペラサイトね
じゃがでん
ラムネ
ペラサイト・・・
一体どんなニートなの!?

ペラサイトは成約ページのみ

ペラサイトは基本的に1ページのみの構成ですのでそのページがおのずと成約を狙うページになります。

成約を狙うとは、つまりセールスをかける「攻め」のことで、物を売り込むということです。

つまり、ペラサイトはサイト作成者の自己紹介ページもなければ関連商品のページもありません。

成約ページのみで勝負するということですから信用構築する暇もないため
ある程度の文章力や、すばやく読者の心理に訴えかけるテクニックが必要になります。

ペラサイトは商標キーワードをねらう

ペラサイトは基本的に商標キーワードで集客するのが一般的です。

ラムネ
商標きーわーど?
つまり、商品名のことだよ
商品名で検索してサイトに訪れる人がお客さんになるんだ
商標キーワードをタイトルや文中に意識的に入れることで
検索で表示されやすくするんだよ
じゃがでん

商標キーワードを狙ってペラサイトが作られる理由は?

ペラサイトにはなぜ商標キーワードを採用するのでしょうか。

その理由は、商標キーワードで検索する人の属性にあります。

どんな属性をもっているのでしょうか・・・!?

すでに商品の特徴を知っている

商品名で検索するわけですから、その人はすでに商品名は知っている人です。

つまり、おそらく商品名で検索すると一番上に表示されるであろうその商品の公式サイトにはすでに訪問したことのある人が、更に検索を重ねてやってくるわけです。

ということは、商品の基本的な説明はある程度省略することができるわけです。

これが1ページで成約を狙わなくてはならないペラサイトのスタイルと相性が良いのです。

購買意欲が高い

商品の特徴を知った上で更に検索をかける人は、どんな人でしょうか???

  • 商品に興味を持っている
  • 値段(最安値)が知りたい
  • 購入方法が知りたい
  • 使い方が知りたい
  • 口コミが知りたい
  • デメリットが知りたい
  • セールの情報が知りたい

想像すると他にも色々出てきそうですね!

つまり、買う気満々で、なにかしらの疑問をもってサイトに訪れる。
これが商標キーワードで集客できる訪問者の特徴です。

こういった訪問者は、あともう少しで購入に踏み切ろうとしていて、疑問がすべて解消されたと感じた段階で購入してくれます。ペラサイトで示すべきは、その「疑問の答え」です。

アフィリエイターは、人々が思い描く疑問や気になることをあらかじめ調べ上げ わかりやすくまとめてあげる仕事、と言えるかもね!
じゃがでん

さて、ペラサイトがどういうものかわかったところで・・・、ペラサイトのメリットと、なぜペラサイトがオワコンと言われてしまうのか、デメリットをみていきましょう!

ペラサイトのメリット

ペラサイトはページ数が少ないがゆえサイトパワーが弱いため、競合が弱い(というかほぼ競合がいない)場所を攻めることになります。
ここで言う「場所」とは、検索されるキーワードのことです。

たとえば、誰もサイトを作っていないキーワードがあるとします。すると、もしそのキーワードを盛り込んだペラサイトを作った場合、すぐに一番上に表示されるのです。少しでも検索者・購入者がいるキーワードであれば、一番上に表示されるだけで一定の収益が期待できますので、素早い収益化が可能というわけです。

そしてなんといってもサイトが完成するのが「早い」ということ。早さはあなた自身の時間の節約にもなりますし、そのキーワードをいち早くつかみとる武器にもなります。キーワードはやや早いもん勝ち的な先行者優位なところがあるので、一度そのキーワードで一位を取ってしまえば、優れたサイトが後から作られてもしばらくは順位を守り続けてくれるのです。

ひとつのペラサイトの作成時間が短いのでたくさん作ることができます。ひとつひとつのペラサイトからの収益は非常に小さいことが多く、たくさんのサイトを作らなければなりません。なので、複数の記事を一つのサイトに入れて運営するブログ形式のサイトと比べて作業が楽というわけではありません。しかし、細い収益を束ねる手法のためリスク分散がしやすいのです。たとえなにかの理由で、扱っている商品のアフィリエイトが終わってしまったり、サイトが検索の圏外に飛ばされてしまったとしても、全体の収益が急激に減ることは少ないはずです。

オワコンの正体は!?ペラサイトの7つの落とし穴

ペラサイトは、サイトパワーが弱いため、競合の強いキーワードを狙うことができません。競合が強いということは、それだけ収益化が期待でき、かつ収益の金額も大きいキーワードです。文章力に自信のある人は、ぜひ狙っていきたいところですが残念ながらペラサイトでは太刀打ちできないのです。

また、サイトパワーが弱いため、すぐに他のサイトに検索表示順位を奪われる可能性が高いです。

サイトの見た目の印象もやや劣ります。ページ数が少ないサイトであることは読者にも伝わるため、なんとなく情報量に乏しく信用できない印象のサイトに仕上がります。サイトの管理者の名前は書かないことが多く、その匿名性が更にあやしい雰囲気を醸し出します。またコメント欄などもついていないことが多いです。それはペラサイトが、とても多くのサイトを作ることを前提にしている手法だからです。

たとえば1000サイトのペラサイトを作成したとします。このひとつひとつにコメントの返信が必要だとしたら、とても毎日の作業の負担が大きいことは容易に想像できると思います。ペラサイトは基本的には作ったら放置、というスタイルが多くコメント欄は設けられていないため、管理者と訪問者との間でコミュニケーションを取ることができません。購入希望者は、コメントなどで疑問を解消し購入に踏み切るケースも多いのですが、残念ながらペラサイトではコメント欄の利用はできないのです。

サイトを複数作ることで、ドメインも大量に取得する必要があります。大量に取得したドメインたちは、それぞれ有効期限などもバラバラです(サイト立ち上げ時期がバラバラなので)。ドメインは約1年毎に決められた金額を支払うことで使用する権利を維持できますので支払いを忘れてしまったらサイトは自然消滅してしまいます。

ラムネ
自動更新に設定しておけば問題ないのでは?
ペラサイトは知らなかったのに自動更新とか知ってるのね

たしかに期限が来たら自動的に指定口座から引き落とされるようにしておけば、うっかりサイトが消滅することはないけど、ペラサイトの何割かは収益化がうまくいかないことが多いんだ
収益化がうまくいかなかったサイトは維持する必要がないのでドメインを解約したほうがいいでしょ?
そうやってドメイン代を節約するんだ
だからサイトを立ち上げた段階で自動更新設定はしないんだよ

じゃがでん
ラムネ
ええ!?ペラサイトって全部収益化できないの?それかなしすぎるよぉ

ペラサイトは大量に作ることが前提なので、その分ドメインの期限の管理が必要、そして更新費が数十万かかることもあります。
もちろんそれ以上に収益が期待できるのですが、せっかく稼いだお金が・・・経費になるとはいえドメイン代として消えていくのは・・・ちょっと悲しいですよね。

サイト立ち上げの際に、ひとつひとつのサイトの設定をしなくてはならないのも大変な作業の一つです。毎回同じ作業の繰り返しなので慣れれば早く設定できるようになりますが・・・。

大量にペラサイトを作るということは大量の商品をアフィリエイトで扱うということです。つまり、サイト数=商品数になります。すると、どうしてもひとつのジャンルだけでは手狭になってきます。同じジャンルであれば、実は「知識の使いまわし」ができますが、様々なジャンルを扱う場合はこの裏技が使えません。また、時には苦手ジャンルを取り扱うことになる可能性もあります。たとえば男性が化粧品を扱うとか、女性が筋トレ器具を扱うなどです。

ペラサイトの7つの落とし穴!

  • 大量のドメイン更新の管理
  • 大量のドメイン更新の費用
  • 大量のサイトの設定が必要
  • 大きな市場が狙えない
  • 検索順位が落ちやすい
  • コメント欄によるセールスができない
  • 複数ジャンルの知識が必要

ペラサイトに向いている人の特徴

  • 色々なことに興味があり、あらゆるジャンルのたくさんの商品について記事を書くことができる人
  • ドメインのこまめな管理ができる人
  • 作業を継続できる人(検索順位が下がりやすいので手を休めにくい)
  • 収入のリスク分散を重視したい人
  • はやく収益化したい人
  • 自分自身の売り込みよりも商品のアピールが得意な人

以上、じゃがでんでした~

-アフィリエイトの知識

© 2022 アフィリエイト 投資 稼ぐ まとめ