アフィリエイトの知識

アフィリエイトにはデメリットがない!?難しいけど絶体やるべき3つの理由

こんにちは〜
じゃがでん です!

副業にチャレンジしたいけど、何をやればいいのか悩んでいる!

アフィリエイトは難しいってウワサだけど、本当?

そんな疑問をもつあなたに読んで欲しい記事です。

私もアフィリエイト経験者ですが、たしかにアフィリエイトは難しいビジネスです。

一筋縄ではいきません。

しかし、それでもやる価値はあります!

その理由について説明していきます。

アフィリエイトにはデメリットが無い ~ホリエモンのビジネス4原則~

アフィリエイトの優位性を説明する上でもっともわかりやすい事例は ホリエモン こと 堀江貴文の「ビジネス4原則」の視点から考えた場合です。

ホリエモンのビジネス4原則とは

ホリエモンのビジネス4原則とは

失敗しない、儲かるビジネスとはどのような共通点があるのか、ということをホリエモンがわかりやすく4つにまとめたものです。

  • 利益率が高い
  • 在庫をもたない
  • 定額収入がある
  • 大資本がいらない

ひとつずつ詳しく見ていきましょう!

利益率が高い

情報やサービスを商品として取り扱うと、原価(品物そのもの)がほぼタダなので非常に高い利益率となる場合が多いです。

つまり、利益率が高いということは売上のほとんどが自分の手元に残るということです。

これはビジネスモデルによってかなり左右されます。

たとえば銀行は、他人のお金を借りて動かすことがメインなので非常に利益率が低いですが問題ありません。

在庫をもたない

在庫を持つということは、それだけ初期費用が掛かるということでもあります。

あとに説明する「大資本がいらない」とも関係する部分ですね。

「せどり」などは、この在庫を大量に抱え込んでしまう代表例になります。

在庫とは、売れるかわからないものを自分で買って保管しておくことを意味します。

もちろん売れなければ「不良在庫」になり単純に損します。

また売れるまでの期間、品物が劣化しないように厳重に管理・保管しなくてはなりません。

保管するスペースが必要な上、無くしたり、傷がついたり、カビたりすることもリスクとして覚悟しなくてはなりません。

逆に在庫がないものとはどんなものなのか?

それは電子データや、形のないサービスです。

kindleや動画ストリーミング配信のサービスなどですね。

(そう考えるとAmazonはすごい!)

電子データはコピーすることができるので在庫は必要ありません。

定額収入がある

定額収入は、精神衛生上、非常に重要です。

多くの人がサラリーマンを辞められない理由は、この定額収入欲しさによるもの。

定額収入がなくなる恐怖から、新しい事業に手を出せない場合が多いと言われています。

なぜなら、人は生きている限り必ずお金を使い続けなくてはならないからです。

家賃または固定資産税、食費、光熱費、医療費、教育費などなど。

ちょうどバスタブの栓が開いた状態のようにお金が流れ出ていくので、そのスピードと同等かそれ以上にお金を注ぎ続けなくては、いつかなくなってしまいます。

定額収入が基本的な支出を上回れば、かなりの安心感を与えてくれるでしょう。

大資本がいらない

いきなりですが、ビジネスに失敗はつきもの。

どんなに下準備やリサーチをしようとも、百発百中というわけにはいきません。

「一勝九敗」・・・ユニクロの柳井社長の言葉です。

日本有数の実業家でもこのくらいの確率。

今からビジネスを始めようとする人が失敗しないはずがありません。

そこで重要になってくるのが、事業を始めるための資本金。

これは小資本であればあるほどリカバリーが効くというわけですね!

ビジネスはたくさんの失敗を試行錯誤しながら改善を繰り返し軌道に乗せていくのが当たり前のことです。

小資本だからショボイとか成長性がないとか、そんな風に考える人もいるかもしれませんが、あのFacebookも資本金は10万円からスタートしています。

仮にあなたがラーメン屋をオープンするとしましょう。

すると土地や店舗の建屋、内装、設備、従業員などなど、初期投資として数千万かかりそうですよね。

万が一、立地の問題や、味が不味いなどで流行らなかった場合、財産を失ってしまい次のチャレンジに進みにくくなってしまいます。

低資本で始められるビジネスであれば、そもそもまとまった資金を用意することなくすぐに始められます。

また、合わなかったらいつでもやめられます。

そんなに意思が弱いのもどうかと思うかもしれませんが、状況や心境は変化するもの。

方向転換のしやすさは意外に需要なことです!

それともう一つ大事なことは、金繰りの問題です。

会社を継続するために動かすお金が多い程、経営は難しくなります。

4原則に当てはまるビジネスとは?

さて、話を戻します。

ホリエモンのビジネス4原則にある4つの項目に、多く当てはまっているビジネスモデルは優秀といえるでしょう。

  高利益率 在庫不要 定額収入 大資本が
いらない
ラーメン屋 × × ×
せどり × × ×
アルバイト ×
FX ×
YouTuber
アフィリエイト

※うまくいった場合です(笑)

やはりネックになるのは初期投資額ですね。

新しい事業を始めるには「大金が必要」というのがひと昔前の常識でした。

このことからもわかるように、昔ながらの職業には多額の初期投資が必要です。

またFXのような投資はリスクがあることに加え、適切なタイミングを迎える「運」の要素も強く、定期収入とはいきません。

注目なのはネットを駆使した広告ビジネスであるYouTuberやアフィリエイトです。

既存のプラットフォームが無料で使え、在庫がなく高利益。

おまけに特別なスキルや資格も特に必要ありません。

つまり、アフィリエイトはホリエモンのビジネス4原則の全てに当てはまっているのです。

このような職業は滅多にありません。

アフィリエイトは資産になるビジネス

まず、資産とは何でしょうか?

厳密な定義や言葉の意味はさておき、ここでの資産とは、「お金を生み出すもの」と考えてください。

これに対し「お金を奪うもの」が「負債」です。

多くの人は家などを資産と思い込んで購入しますが
これはお金を奪うもの、「負債」なのです。

なぜ資産が必要なのか?

世の中には購入した瞬間に価値が下がってしまうものと、そうでないものがあります。

また維持管理費がかかるものがあります。

たとえば車。

買った瞬間に価値は下がり、その後も車検や保険など所持しているだけでお金がかかります。

これは「資産」ではなく「負債」です。

一般人は、お金が入ると、この「車」のような買い物をして一時的な満足感を得ます。

しかし最終的に金持ちになる極わずかな頭の良い人達は、まず得たお金を資産の購入に回し、定期収入を得るためのキャッシュフローを構築するのです。

つまり贅沢は後回しにします。

定期収入で得たお金を、さらに資産の購入に回します。

すると定期収入は更に増え、次第に増えていき、支出を大きく上回るようになります。

そうなってから、車を買うのです。

つまり、支出を上回るキャッシュフローの構築を最優先におこなうこと。

お金の知識がある人々は、常にこれを意識しているのです。

資産になるビジネスは意外と少ない

資産の定義は難しいです。

反対語はその考える意味によって「労働」になったり「負債」になったりします。

確かに、サラリーマンでも仕事を経験する上で様々なスキルが身に付きます。

これはある意味では「資産」と言えますよね。

将来、お金を生み出すことに役立つかもしれません。

ただし、そのサラリーマンの仕事自体は「労働」であり、時間の切り売りです。

職場へ出勤し、定時までしっかり働かないと給料はもらえません。

つまりビジネス自体は資産ではないのです。

資産となるビジネスとは、自動的にお金を生み出す「仕組み」です。

YouTubeは一度動画をアップロードすれば、規約違反などで消されることがない限り何回も再生されます。

それこそ寝ている間も、世界中の誰かが動画を視聴し続けます。

動画の数が倍になれば収益は倍になります。

このように自分の時間に関係なくお金を生み出す仕組みが「資産」になるビジネスです。

「経営者」も、自分の「会社」という資産を持っているといえます。

従業員は、経営者が何もしていなくても、せっせと働き続けてお金を生み出してくれるのです。

アフィリエイトにおいては、自分のサイトやブログが資産です。

自分の分身として24時間働き続けてくれます。

アフィリエイトは難しいからこそやるべき

アフィリエイトはとても魅力的なビジネスですが、誰もがうまくいくわけではありません。

もし簡単に誰もが成功してしまうなら、みんなアフィリエイターになっているはずです。

ただ、見方を変えれば、だからこそ競合が絞られて、まだまだ参入のチャンスがあると言えます。

そして上手くいかない原因も共通かつシンプルなのです。

つまり今から説明するアフィリエイトを失敗する理由を知っていれば、あなたがアフィリエイトで成功できる確率は、ぐっとあがるはず!

アフィリエイトが難しい理由

アフィリエイトが難しいと言われる理由は、一言でいうと、ほとんどの人が「本気ではない」からです。

アフィリエイトはほとんどの人が最初の数か月で諦めてしまいます。

これは、アフィリエイトが「楽」で「簡単」に稼げると誤解して参入してくる人が多いからです。

しかし「楽」でも「簡単」でもありません。

数か月は無収入を覚悟してひたすら記事を書き続けなくてはなりませんし、自分が進めている手法が正しいのか、教えてくれる人もいないのが普通です。

また学校のようにサボると叱ってくれる先生もいません。

まさに自分自身の戦いとも言えます。

また始めたばかりの頃はわからないことだらけです。

これを乗り越えるには、「自分で調べる力」が必要になります。

アフィリエイターに求められる一番の能力は、この「調査力」かもしれませんね!

そうして数千円の初回報酬をゲットできるのは上位5%とも言われています。

そもそもアフィリエイトを知っても始めない人がいるので、それを含めると1%に満たないかもしれません。

ただ、それも本気で取り組むことができれば、その時点で上位5%に入ることができると、私は考えています。

「小資本で始められる」という特徴から、敷居が低いので、生半可な覚悟で参入してくる人たちが本当に多いからです。

しかし本気で取り組めば、パソコンが苦手でも、文章が苦手でも、月収数百万という収益は可能です。

実際にそのような実績のあるアフィリエイター仲間を私は知っています。

個人で数百万稼ぐことのできるビジネスモデルはそう多くはありません。

まさにインターネット様様の、現代における最強のビジネスの一つ、それがアフィリエイトです!

まとめ

アフィリエイトをやるべき3つの理由

  • ホリエモンのビジネス4原則を満たしていること
  • 数少ない「資産」になるビジネスであること
  • 難しいのでライバルが少ないが本気でやれば上手くいく(はず!)
    がんばれ!
    じゃがでん

以上、じゃがでんでした~

-アフィリエイトの知識

© 2022 アフィリエイト 投資 稼ぐ まとめ